動物愛護週間

犬用ノミ駆除・寄生予防 マダニ・ハジラミ駆除剤

猫や犬などの動物は飼い主の心を和ませ、暮らしに安らぎを与えてくれます。その一方で、無責任な飼い主によるトラブルや苦情は後を絶ちません。
9月20日〜26日は動物愛護週間です。この機会に人間と動物がともに安心して暮らせるように、身近な動物である猫や犬の飼い方について考えてみませんか。

猫を飼うときのルールとマナー

猫は室内で飼いましょう。猫は上下運動ができる環境があれば、室内でもあまりストレスを感じません。また、室内で飼えば、交通事故や伝染病、近所での糞・尿やいたずらを防ぐことができます。
猫は年に2〜3回出産します。手術をすれば、発情期の鳴き声がなくなり、猫同士のけんかが少なくなります。自治体では手術費用の助成をしているところもありますので、お住まいの自治体に相談してみてください。

飼い主のいない猫に餌を与えることは悪いことではありません。しかし、ただ餌を与えるだけでは、同じ境遇の猫を増やしたり、ふん・尿などにより近所の方へ迷惑を掛けたりすることになります。
飼い主のいない猫に餌を与える場合には、必ず近所の方の理解を得てから、次のことを行ってください。
@餌は自宅の敷地内で与える。敷地外で与えるときは、近所の方の迷惑にならない場所(土地の管理者の許可を得る)で、決めた時間に与え、食べ残しは片付ける。
Aトイレを自宅の敷地内に設ける。敷地外に設けるときは、近所の方の迷惑にならない場所(土地の管理者の許可を得る)に設ける。トイレのしつけ、ふん・尿の始末をする
。 B去勢・不妊手術をする。

犬を飼うときのルールとマナー

犬はリード(引き綱)につなぎましょう。犬は放し飼いにすると、人に危害を加える恐れがあるだけでなく、交通事故に遭う危険性も高くなります。
トイレは外出前に済ませましょう。外出時には、ふんを始末する道具や尿を洗い流す水を携帯しましょう。また、ふんをした場合は、必ず自宅に持ち帰りましょう。
無駄吠えを防ぐために、餌を十分与え、散歩など適度な運動をさせて、ストレスを解消させましょう。
犬の登録と狂犬病予防注射は飼い主の義務です。生後91日以上の犬には、生涯1回の登録と年1回の狂犬病予防注射が義務付けられています。

犬には首輪か迷子札などをつけましょう。それは、飼い主の責任がはっきりするとともに、迷子のときに捜しやすくなります。犬は鑑札をつけると、より確実に探せます。
また、動物を捨てることは法律で禁じられています。一度飼いはじめたら、愛情と責任を持って飼い続けてください。どうしても飼えなくなったら、必ず次の飼い主を探してください。

スポンサードリンク